“遺伝子を改変”でがん治療する「CAR-T」 転移したがんにも効果期待

がん

2018/02/08 11:30

 がん治療で期待される治療技術がある。遺伝子治療、ゲノム編集だ。遺伝子治療では、人工的に作られた正常な遺伝子を体内に入れて、これが異常遺伝子の代わりとして働く。ゲノム編集は、自分のDNAの欠陥部分をスポット的に修復するイメージだ。現在はまだ研究段階だが、大きな期待が寄せられている。

あわせて読みたい

  • 「ゲノム編集された人間の双子誕生」発表の衝撃 デザイナーベビーの悪夢とは?

    「ゲノム編集された人間の双子誕生」発表の衝撃 デザイナーベビーの悪夢とは?

    AERA

    12/11

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

    AERA

    9/10

  • DNAの欠陥部分をハサミでカット 「神の領域」に向かうがん治療

    DNAの欠陥部分をハサミでカット 「神の領域」に向かうがん治療

    AERA

    2/7

    4月号作家・KDDI総合研究所リサーチフェロー 小林雅一 Kobayashi Masakazu病気を治すため「遺伝子を手術する時代」が間近に

    4月号作家・KDDI総合研究所リサーチフェロー 小林雅一 Kobayashi Masakazu病気を治すため「遺伝子を手術する時代」が間近に

    4/2

  • ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    AERA

    5/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す