羽生と藤井のドリームマッチ 勝負の行方は「羽生次第」 (2/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生と藤井のドリームマッチ 勝負の行方は「羽生次第」

このエントリーをはてなブックマークに追加
村瀬信也AERA
羽生竜王と藤井四段の対局は、2月17日、東京・有楽町で「公開対局」のスタイルで行われる。同じフロアで観戦できるし、テレビやインターネットでも中継される (c)朝日新聞社

羽生竜王と藤井四段の対局は、2月17日、東京・有楽町で「公開対局」のスタイルで行われる。同じフロアで観戦できるし、テレビやインターネットでも中継される (c)朝日新聞社

「どこかで顔を合わせるとは思っていたが、こんなに早く実現するとは思っていなかった。少し驚いている」

 と話し、藤井四段はこう笑顔を見せた。

「対戦の機会を得ることができて、とてもうれしく思っている。楽しんでいただける熱戦が演じられるように頑張りたい」

 対戦が決まった直後とあって、詰めかけた報道陣は30社80人にも上ったが、その熱気に比して二人の雰囲気は終始和やか。質問された藤井四段が考え込むと、羽生竜王が笑みを浮かべて視線を向ける場面もあった。

 とはいえ、いまや将棋ファンならずとも注目の対局。一体どう楽しめばいいのか。

 ポイントはいくつかある。

 両者は過去、非公式戦で2回対戦し1勝1敗。昨年2月、AbemaTVが企画した対局では、藤井四段が流行の戦法の一つ「角換わり」を採用し、勝っている。この勝利が契機となって「藤井ブーム」に火がついたことは、記憶に新しい。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい