徳川家康の“ぽっこりお腹”は脂肪じゃなくて“菌”だった? (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

徳川家康の“ぽっこりお腹”は脂肪じゃなくて“菌”だった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵AERA#歴史
徳川家康は1543年生まれ。幼少期を人質として過ごしたのち独立。織田信長と同盟を結び、信長の死後は豊臣秀吉に臣従して関東へ。1603年、江戸に幕府を開くも1616年没=浜松城での家康くん(右) (c)朝日新聞社

徳川家康は1543年生まれ。幼少期を人質として過ごしたのち独立。織田信長と同盟を結び、信長の死後は豊臣秀吉に臣従して関東へ。1603年、江戸に幕府を開くも1616年没=浜松城での家康くん(右) (c)朝日新聞社

麦飯、味噌汁、いわしの丸干し、大根の味噌漬け、浜納豆などが並ぶ家康の食卓を再現。五菜三根は、この時期かなり高価になるが、がんばってまねしたい(撮影/ライター・福光恵)

麦飯、味噌汁、いわしの丸干し、大根の味噌漬け、浜納豆などが並ぶ家康の食卓を再現。五菜三根は、この時期かなり高価になるが、がんばってまねしたい(撮影/ライター・福光恵)

 ただし、そこらのお父さんのビールっ腹と違うのは、その中身だ。伝えられるその食生活などから考えて、家康は「腸活の達人」。膨らんだおなかを満たしていたのは、脂肪ではなく腸内細菌だったのではないか、と永山さんは推測するのだ。

「人は普通、体内に約1.5キロもの腸内細菌を持っています。一方、家康公は、馬につかえるほどの大きなおなかで、人より多い2~3キロの腸内細菌を育てていたと考えられる。そしてこの腸内細菌が、何より家康公の長寿に貢献した“お宝”だった可能性は高い。まさに埋蔵菌ですよね」

 そんな家康の食生活を探る前にプロフィルから。家康が没したのは、平均寿命が35歳前後だった当時にしては、ダブルスコアのご長寿といえる75歳(享年)。それも現代では、専門家顔負けの医薬の知識を持った、史上最古にして最強の「健康オタク」と呼ばれるほど、ストイックな健康管理に努めていたことで知られる。つまり、自らの手で勝ち取った長寿だったのだ。

 子どものころから人質に出されるなど、戦国の乱世に間近で立ち会ってきた家康。53歳だった武田信玄が勝利目前の戦場で病に倒れ、49歳の織田信長が本能寺で倒れ、豊臣秀吉が60歳そこそこで老衰で倒れるなど、多くのライバルたちが、死によって撤退を余儀なくされるのを、目の当たりにしてきた。

 ホトトギスを「鳴くまで待つ」とか言っても、鳴く前に自分が死んでしまっては、元も子もないわけで。辛抱強く待つことが、何よりの武器だった家康にとって、健康で長生きすることこそ「勝利の方程式」だと、確信していたようなフシも見える。

 そんな家康の健康管理のなかでも、とくにこだわったとされるのが、食。それも暴飲暴食のほかの大名たちを尻目に、ひたすら質素な食を心がけていたという。有名なのが、麦飯だ。つぶさない丸麦を、少しの白米と混ぜて炊いたものを、毎食の主食にしていた。

「幕末から明治の初めに書かれた『名将言行録』には、こんなエピソードが紹介されています。あるとき家臣が気を利かせて、白飯の上に少しの麦飯をのせて出した。ところが家康はすぐに気がつき、家臣を叱って、すぐにいつもの麦飯に取り替えさせたそうです」(永山さん)


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい