仏の星付きレストランも採用 日本の「シート状野菜」その味と可能性

森田悦子AERA
 シート状にして野菜を手軽に食べる――。大ブレイク寸前の食の最前線を追った。

 新鮮野菜を海苔のようなシート状にした新スタイルの食品「ベジート」の開発に、長崎県の企業が成功した。開発販売元のアイル代表の早田圭介さんはこう説明する。

「海苔のように巻き寿司やおにぎりにできるほか、野菜をくるくる巻けば片手で食べられるサラダになります。2017年12月からはフランスとイタリアの星付きレストランに出荷しており、カットして飾り付けに使ったり、チーズやチョコレートを挟むなど意外な使い方がされているようです」

 開発のきっかけは19年前、早田さんが熊本県の海苔メーカーで野菜を使った海苔の製造現場を見学したことだった。

「廃棄される規格外の野菜を有効活用できることにビジネスの可能性を感じました」(早田さん)

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック