ネットの高校「N高校」は教育界を変えるか (2/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ネットの高校「N高校」は教育界を変えるか

石臥薫子AERA#教育
N高校とは/学校法人角川ドワンゴ学園が運営。全国から入学可能でネットコースと通学コースがある。通学キャンパスは東京と大阪にあり、来年には名古屋や大宮などでも開校。各クラスに担任がおり、チャットツール「Slack」上で毎日ホームルームも行われる。部活はビデオゲーム「ウイニングイレブン」で戦うサッカー部や将棋部、美術部など。サッカー部の特別顧問は元サッカー日本代表の秋田豊さん。文化祭として10万人以上を動員するニコニコ超会議にブースを出す。写真は今年の入学式。東京・六本木の会場で生徒はヘッドマウントディスプレーを装着。沖縄本校の校長式辞などを仮想現実の中で体感した(写真:N高校提供)

N高校とは/学校法人角川ドワンゴ学園が運営。全国から入学可能でネットコースと通学コースがある。通学キャンパスは東京と大阪にあり、来年には名古屋や大宮などでも開校。各クラスに担任がおり、チャットツール「Slack」上で毎日ホームルームも行われる。部活はビデオゲーム「ウイニングイレブン」で戦うサッカー部や将棋部、美術部など。サッカー部の特別顧問は元サッカー日本代表の秋田豊さん。文化祭として10万人以上を動員するニコニコ超会議にブースを出す。写真は今年の入学式。東京・六本木の会場で生徒はヘッドマウントディスプレーを装着。沖縄本校の校長式辞などを仮想現実の中で体感した(写真:N高校提供)

昨年の音楽祭。さいたまスーパーアリーナで校歌「代数Nの方程式」を歌った。校歌はカラオケでも配信(写真:N高校提供)

昨年の音楽祭。さいたまスーパーアリーナで校歌「代数Nの方程式」を歌った。校歌はカラオケでも配信(写真:N高校提供)

オンラインでの生授業では「なるほど!」の表示や挙手、質問もできる(写真:N高校提供)

オンラインでの生授業では「なるほど!」の表示や挙手、質問もできる(写真:N高校提供)

●「評価軸も急速に変化」

 多様性を絵に描いたような学校だが、さらに選択肢が広まった。通学希望の声を受け、今春からは通学コースを新設したのだ。すると既存の枠に収まりきらない「異才」や「異端児」たちが新たに仲間に加わった。

 その一人、大野尚子さんは東大合格者数で全国の女子校トップに君臨する中高一貫の桜蔭に通っていた。大野さんによると、体調不良から通学がつらくなったのは中学2年の頃。ある時、医師に「受験一色になりがちな空気が合わなかったのでは」と言われ、息苦しさの理由がわかった気がした。

 大野さんには、医師になる夢がある。両親はともに医師。日ごろから医療について話しているだけに、「精神疾患の診断には、脳波などの科学的データを取り入れるべき」「大好きな音楽を治療に役立てる方法を科学的に研究したい」など、見つめているのは医師になった先だ。そんな大野さんが欲しかったのは、進学のためだけではない学びだった。

 桜蔭高校に進まないことには両親も反対し、自身も最後まで迷ったが、N高の存在を知り「これだ」と確信した。今では必修授業のほか、アクティブラーニング型授業を複数選択。作曲の授業も受け、校外の作曲教室にも通う。そんな日々に「N校に来たからこそです」と大野さんも満足げだ。

 まだいる。同じく桜蔭出身、小林優子さんの目標は「声優」という。放送部の活動で制作したオリジナルドラマで、声で演じる面白さに目覚めた。

 アニメやゲームなどにのめり込み、中学では勉強がおろそかになったが、勉強自体は嫌いではない。「自分のペースで学びたい」とN高に入り、半年で高1の範囲のリポートをすべて終わらせた。N高で「ゲーム・アニメ・声優」授業の選択も考えたが、いまは大学受験を第一に考えている。志望校は「どうせなら東大かな」。大学生になったら声優養成所に通う計画だ。

 個人と組織の関係性が変わる中、どこの組織に属するかよりも、個人が何をやりたいか、どんな才能を磨いてきたかが問われる時代だ。「学校で学ぶべきことや評価軸も急速に変化している」と奥平校長。それゆえN高は、個々人が強みを見つけ、伸ばせるよう徹底してサポートする体制となっている。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい