AERA dot.

ふんどし姿で納棺? 地域でこんなに葬儀は違う

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA#終活

葬送儀礼や慣習は、地域によってさまざまだ。思わぬ差異に戸惑うこともあれば、心打たれることもある (※写真はイメージ)

葬送儀礼や慣習は、地域によってさまざまだ。思わぬ差異に戸惑うこともあれば、心打たれることもある (※写真はイメージ)

 親の看取りは誰しもが経験するもの。しかし、ゆっくりと最期のお別れをすることができなかったと、後悔する人は多い。まだまだ元気だからと、話し合わずにいると、その日は急にやってくる。お墓のこと、相続のこと、延命措置のこと、そろそろ話し合ってみませんか? AERA 2017年7月10日号では「後悔しない親との別れ」を大特集。

 故人をしのび、弔う。葬送儀礼や慣習は、地域によってさまざまだ。思わぬ差異に戸惑うこともあれば、心打たれることもある。全国の意外な慣習を、体験者と専門家に聞いた。

*  *  *
 神奈川県に住む40代の夫婦は、3年前、夫の父親の葬儀に参列した。夫の地元は和歌山県。こぢんまりした家族葬のあと、火葬場でのことだ。いよいよ荼毘に付す、厳かな瞬間に、係員は言った。

「どうぞ」

 喪主である夫は、係員に火葬場の点火スイッチを押すよう促され、押した。彼は言う。

「その瞬間、自分が高校生の頃を思い出しました。親父は晩酌をしながら、祖父の葬儀のとき、『自分でボタンを押すのは嫌だったな』としみじみ言っていた」

 思わず、嗚咽(おえつ)が漏れた。「あれを押すのは結構つらい」。そんな親戚の声が聞こえ、妻が背中をさすってくれた。

 親は亡くなったのではなく、眠っているだけかもしれない。ありえないとわかっていても、そんな思いがどこかにあった。

 男性は当時をこう振り返る。

「妻は『そんな習慣ははじめて』と驚いていましたが、親戚は『他人にやってもらうものじゃない』と言っていた。点火スイッチを押すことで、親との最期の別れに決着をつけられた気がします」

●慣習あってよかった

 葬儀時、忙殺されがちな遺族に、慣習が、故人と向き合う時間をくれることもある。

 山形県の山間部出身の男性(53)は、10年ほど前、父親の葬儀の際、近所に葬儀が済んだことを伝える「告げびと」を務めた。喪主である兄と2人、葬儀後の宴席の前に、20軒ほどの家々をひとつずつ訪ねた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   終活 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加