物理とツイッターで福島を支えた科学者 早野龍五

原発

2017/05/28 07:00

 2011年3月、東日本大震災と、それに続く東京電力福島第一原発事故は、多くの人生を激変させた。物理学者、早野龍五もその一人だが、その変容はユニークだ。自ら行動し、放射線をめぐる人々の不安に、ツイッターを通じて向き合って6年。今年3月、ひとつの区切りを迎えた。

あわせて読みたい

  • 「被曝労災認定第1号」で見えたフクシマの真実

    「被曝労災認定第1号」で見えたフクシマの真実

    週刊朝日

    10/29

    知ろうとすること。

    知ろうとすること。

    週刊朝日

    10/15

  • 広瀬隆「放射能汚染の学校、学童疎開を急げ」

    広瀬隆「放射能汚染の学校、学童疎開を急げ」

    週刊朝日

    5/17

    国の放射線量デタラメ測定 文科省動かした科学者らの告発

    国の放射線量デタラメ測定 文科省動かした科学者らの告発

    週刊朝日

    2/7

  • 原発事故起こしたスリーマイル島・現地ルポ

    原発事故起こしたスリーマイル島・現地ルポ

    週刊朝日

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す