「ほぼビリ娘」から全米オープン出場へ 女子ゴルフ界異色の15歳 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ほぼビリ娘」から全米オープン出場へ 女子ゴルフ界異色の15歳

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
山口すず夏さん(15)アマチュアゴルファーやまぐち・すずか/2000年生まれ。中学1年で中嶋常幸プロ主宰のヒルズゴルフトミーアカデミーに加入。相模原市立鵜野森中学3年(撮影/今村拓馬)

山口すず夏さん(15)
アマチュアゴルファー
やまぐち・すずか/2000年生まれ。中学1年で中嶋常幸プロ主宰のヒルズゴルフトミーアカデミーに加入。相模原市立鵜野森中学3年(撮影/今村拓馬)

「マッチ棒」

 ゴルフ仲間からそう呼ばれていた女の子が今季、大きな飛躍を遂げた。6月の全米女子オープン選手権日本地区最終予選、通算9アンダーの135で2位に食い込み本戦出場権を獲得した山口すず夏さん(15)だ。14歳341日(全米女子オープン開幕時)でのメジャー出場は、日本人として史上最年少記録。
 
 15歳で国内プロツアー史上最年少優勝を果たした勝みなみ選手(17)など、「10代の宝庫」といわれる女子ゴルフ界の中でも異色の存在だ。小学生時代から全国大会で活躍する選手が多いなか、まったく勝てなかった。ゴルフに限らず、ジュニアスポーツは体格の大きい早熟な小学生が有利だからだ。

「小5で140センチあるかないかというチビでした。みんなはすっごく飛ばすし、すっごく上手で。いいなあ~って」と、指をくわえる真似をして当時の自分を振り返った。

 ゴルフを始めたのは小学1年生のとき。野球推薦での高校進学が決まった八つ年上の兄が「どうせこれから野球漬けになるから、入学までひと月だけやりたい」と、ゴルフが趣味で会社員の父、裕之さん(55)に頼んだのがきっかけだった。2人の練習についていき、「私も打たせて~」と子ども用のクラブを握った。

 最初は空振りばかりだったが、何球目かですぐに当たるようになった。普通は、当てにいく子が多いのに、彼女には当てなきゃという意識がなかった。裕之さんは、クラブをぶんぶん振り回す娘を見て面白いと感じた。

 小学2年生の夏休みに初めて出場した大会は「ほぼビリのほう」で、一緒に回った選手には30打以上の差をつけられた。3年生の春休みは三つの大会にエントリー。最初の大会の結果は「またしてもビリのほう」と散々で、父から「棄権してもいいんだぞ」と言われたが、「行く! 最後までやる」と言ってきかなかった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい