【ニッポンの課長】富士通フロンテック「大きく映す職人の技」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ニッポンの課長】富士通フロンテック「大きく映す職人の技」

このエントリーをはてなブックマークに追加
富士通フロンテック「大きく映す職人の技」富士通フロンテック 産業・公共システム事業本部 システム事業部 表示技術部大型映像プロジェクトリーダー 榎本敏(48)撮影/写真部・外山俊樹

富士通フロンテック
「大きく映す職人の技」

富士通フロンテック 産業・公共システム事業本部 システム事業部 表示技術部
大型映像プロジェクトリーダー 榎本敏(48)
撮影/写真部・外山俊樹

 アエラにて好評連載中の「ニッポンの課長」。

 現場を駆けずりまわって、マネジメントもやる。部下と上司の間に立って、仕事をやりとげる。それが「課長」だ。

 あの企業の課長はどんな現場で、何に取り組んでいるのか。彼らの現場を取材をした。

 今回は富士通フロンテックの「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■富士通フロンテック 産業・公共システム事業本部 システム事業部 表示技術部 大型映像プロジェクトリーダー 榎本敏(48)

 数千のLED素子がまばゆい光を放つ。このパネルはコンピューターにつながっていて、映像や文字を鮮明に映し出す。たくさん並べれば、技術的にはどんなに大型の映像情報表示システムでもつくれる。用途は、野球場のスコアボードから、競馬場や競艇場の大型ビジョン、医療の外来案内表示、空港のフライト情報システムまで、幅広い。

 富士通フロンテック(東京都稲城市)の榎本敏は、こうした大型映像表示システムを設計するチームのリーダーだ。部下は5人。

 企業や自治体から注文を受け、顧客の要望にぴったり合うものをつくり出す。後から取り換えることが難しい製品だけに、何度も打ち合わせながら、最適なシステムを考える。小型のサンプルで性能を検証後、新潟県燕市の工場で製造する。完成まで3カ月から半年ほどかかる。

 完成品を現場に設置するとき、メンバーは作業着にヘルメット姿で臨む。

「これが普段よりもずっと凜々しく見えるんですよ。そこでお客様と一緒に映像を確認していると、開発時の苦労が思い出されて感慨深いものがあります」

 1985年に鹿児島県内の工業高校を卒業し、富士通機電(現富士通フロンテック)に入社。以来30年、ずっと表示装置一筋だ。

 4年目には、赤、黄緑、オレンジという3色のLEDで、120型(縦約1.8メートル、横約2.4メートル)の表示装置を設計した。当時はまだ青色LEDがなく、表現できる映像には限りがあった。その制限の中で最高のクオリティーを追求した。青色LEDが実用化されると、1年がかりで縦4メートル、横6メートルの巨大なフルカラービジョンの開発を手がけたこともある。

「この仕事は本当におもしろい。とにかく現場が好きなんです」

 何度も言葉に熱を込めた。(文中敬称略)

※本稿登場課長の所属や年齢は掲載時のものです

(ライター・安楽由紀子)

AERA 2015年7月13日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい