親の「教育虐待」とは 「あなたのため」が子を追い詰める? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

親の「教育虐待」とは 「あなたのため」が子を追い詰める?

このエントリーをはてなブックマークに追加
教育ジャーナリストおおたとしまささんおおた・としまさ/育児・教育誌のデスク・監修を担当。心理カウンセラー資格、中高の教員免許を持ち、小学校非常勤講師の経験も。著書多数(写真:本人提供)

教育ジャーナリスト
おおたとしまさ
さん
おおた・としまさ/育児・教育誌のデスク・監修を担当。心理カウンセラー資格、中高の教員免許を持ち、小学校非常勤講師の経験も。著書多数(写真:本人提供)

 その不安は、「早くから英語をやらせたほうがいいのではないか」「プログラミング教育もしておいたほうがいいに違いない」「スポーツも何か一つくらいできたほうがいいだろう」などと多方面にわたる。少子化で一人の子どもにかかる親の期待と不安は倍増。小さな子どもにあれもこれもといくつもの習い事をさせて、どこまでも追いつめてしまう。

 そこに「子どもの出来は親の腕次第」という幻想が加わると、「なんとしてでもわが子にいい教育を与えなきゃ」という強迫観念が生まれ、親たちは、巷にあふれる「頭が良くなる勉強法」や「東大に合格させるための親の習慣」のようなものを熱心に研究し始める。結局、「あの子の親は、息子を○○学校に入れたからすごい。この子の親は、娘を△△学校にしか入れられなかった」などという話になるのだ。

 私自身、教育雑誌などのインタビューで「正解のない世の中を生きていかなければならない子どもたちに、いま、どんな教育をするのが正解なのでしょうか?」という冗談のような質問を本気でされる経験を何度かしたことがある。質問者も「追いつめる親」も正解主義から抜け出せていないから、子どもの状態を見るより先に、「正解」に当てはめようとしてしまう。彼らが「正解」と考えたものがたまたまその子にとっての最適解と一致すればいい。しかしそれが一致しなかったとき、子どもは苦しいばかりだ。正解を疑わない親は、それでも無理やり子どもを正解に合わせようとする。「あなたのため」が子どもを壊しかねないのだ。

AERA 2015年7月27日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい