氷上に戻った浅田真央 コメントにみる「冷静さ」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

氷上に戻った浅田真央 コメントにみる「冷静さ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
演技を終えた浅田真央は、「しばらく皆さんの前で滑っていなかったことで緊張はありましたが、無事にショー初日を終えてホッとしています」と話した (c)朝日新聞社 

演技を終えた浅田真央は、「しばらく皆さんの前で滑っていなかったことで緊張はありましたが、無事にショー初日を終えてホッとしています」と話した (c)朝日新聞社 

 浅田真央が氷上に帰ってきた。10月の復帰戦に向けて、ファンの期待は高まる。だが当の本人は、「平常心」「いつも通り」という言葉を繰り返した。そのこころは――。

 2時間半に及ぶショーの大トリで浅田真央(24)の名前がコールされると、会場の空気が変わった。ショーというより競技の緊張感。小道具をセットするために他の演技者よりも長く暗転が続くと、待ちきれない観客がささやく声でざわついた。7月22日、札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開かれたアイスショー「ザ・アイス」初日のことだ。

 現役続行宣言から2カ月でのショー復帰。佐藤信夫コーチとともに本格的な練習を1年ぶりに再開したのは5月のことだ。直後の会見では、

「最低限、昨季(13―14年)のレベルまで戻さないと試合に出ることは難しい」

 と、世界最高峰の技術レベル、つまりトリプルアクセルや連続3回転ジャンプを成功させることを目指すと宣言。シーズン初戦に10月3日のジャパンオープンという早い時期の試合を選び、グランプリシリーズの中国杯(11月6~8日)とNHK杯(同27~29日)にエントリーした。6月にはカナダ・トロントに渡り、今季のプログラム2曲と、ショー用2曲の計4曲を、わずか10日間で制作するなど、急ピッチで準備を進めてきた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい