年収1千万でも「かえって家計が苦しくなる」ワケ

仕事

2014/04/10 11:30


 山田さんに試算してもらった、年収別の月あたり手取り額をみると、サラリーマンと専業主婦、中学生の子ども2人という世帯で比べると、年収600万円で月約31万8千円の手取りに対し、年収1千万円では約47万7千円。年収900万円前後を境に、児童手当が半減することも響き、その差は約16万円。住宅ローンや子どもの学費で「ちょっと背伸び」をすれば、すぐに埋まる差だ。

 一方、アンケートで、1千万円プレーヤーに「理想の年収」を尋ねると、32%が「1500万円」と答えた。年収が1500万円になると、実質可処分所得が1千万円を超えてくる。同条件の月あたり手取り額は約66万3千円。年収600万円世帯の倍以上となり、一気に生活実感が改善することが想像できる。「生活をより幸せにするために何が必要か?」という問いに、63%もの1千万円プレーヤーが「お金」と答えたのも、そのあたりに背景がありそうだ。

AERA 2014年4月7日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 悲鳴!実質手取り額はこんなに減っている 共働き、片働きなどを年収別に徹底比較

    悲鳴!実質手取り額はこんなに減っている 共働き、片働きなどを年収別に徹底比較

    AERA

    9/14

    年収1千万円でも約半数が「年収に満足していない」理由

    年収1千万円でも約半数が「年収に満足していない」理由

    AERA

    4/9

  • 「年収1700万円超」44歳・51歳4人家族が老後2億の赤字に陥る理由

    「年収1700万円超」44歳・51歳4人家族が老後2億の赤字に陥る理由

    dot.

    4/15

    5年後、年収400万なら夫の小遣いは「没収」?

    5年後、年収400万なら夫の小遣いは「没収」?

    週刊朝日

    7/30

  • 配偶者控除150万円でも大きな壁 約5割は「働き方は変わらない」

    配偶者控除150万円でも大きな壁 約5割は「働き方は変わらない」

    週刊朝日

    12/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す