「はなまるうどんがホワイト企業すぎる」は本当か

仕事

2014/01/21 16:00

 はなまるも03年、讃岐うどんブームを追い風に1年で約130の店を出した結果、離職率が前年比1.5倍に上がった過去を持つ。現場は混乱し、閉店も相次いだため、考えを改めた。

 まず出店ペースを年間25店程度の「ゆる増」に。そのうえで会社説明会では、社長自ら「うちの会社、キツイから入らない方がいいですよ」とジャブを打つ。採用のミスマッチを防いで長く働いてもらうため、「お母さんほど年の離れたパートに、指示を出せますか」「立ちっぱなしでも体力は大丈夫ですか」と実態をつまびらかに。結果、離職率は年々下がり、昨年は創業以来はじめて10%を切った。

「ホワイト企業を目指していたわけではない。でも、従業員を搾取して利益を出しても意味がない」(佐野さん)

AERA 2014年1月20日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 1年超で約半分、ホワイトハウス高官の歴代最高離職率が示すものとは

    1年超で約半分、ホワイトハウス高官の歴代最高離職率が示すものとは

    AERA

    4/6

    説明会や就活サイトより「ブラック企業」見抜けるアイテム

    説明会や就活サイトより「ブラック企業」見抜けるアイテム

    AERA

    1/15

  • ワタミトップに渡辺元参院議員が復帰 ブラック企業批判には「過去は振り返らない」

    ワタミトップに渡辺元参院議員が復帰 ブラック企業批判には「過去は振り返らない」

    週刊朝日

    10/8

    ワタミはどう? 労基法に抵触せずブラック企業になるケース

    ワタミはどう? 労基法に抵触せずブラック企業になるケース

    週刊朝日

    12/29

  • 20代、30代の転職事情 一度の失敗から本気の就活へ

    20代、30代の転職事情 一度の失敗から本気の就活へ

    AERA

    5/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す