皮膚に生きたウジ虫を閉じ込める 伝統療法

2013/11/05 16:00

 生活習慣病のひとつである糖尿病は、病状が進むと下肢切断という事態にもなりうる。そんな糖尿病の治療法として、「ウジ虫」を使用した方法が今、注目を浴びているという。

あわせて読みたい

  • 放置すると足が腐る? 糖尿病ケアからうおのめ、巻き爪まで足専門に診るフットケア外来とは

    放置すると足が腐る? 糖尿病ケアからうおのめ、巻き爪まで足専門に診るフットケア外来とは

    dot.

    1/2

    「透析患者は糖尿病治療をやめた人が多い」 合併症の怖さと検査で発見されにくい食後高血糖

    「透析患者は糖尿病治療をやめた人が多い」 合併症の怖さと検査で発見されにくい食後高血糖

    週刊朝日

    1/7

  • 最新研究でわかった 歯周病菌は腸内細菌にも影響する!

    最新研究でわかった 歯周病菌は腸内細菌にも影響する!

    dot.

    5/27

    歩行時の「脚の痛み」を放置してはいけない! 脚の動脈硬化から心筋梗塞、脳梗塞のリスク

    歩行時の「脚の痛み」を放置してはいけない! 脚の動脈硬化から心筋梗塞、脳梗塞のリスク

    dot.

    2/16

  • 「耐性菌」年間1千万人死亡の予測…日本でも海外発「強力抗菌薬耐性菌」を確認

    「耐性菌」年間1千万人死亡の予測…日本でも海外発「強力抗菌薬耐性菌」を確認

    AERA

    1/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す