海外メディア絶賛の「安倍スピーチ」 陰で支える人物

2013/09/16 16:00

「国内メディアは東京落選を見込んで『首相が原発事故の不安を払拭できなかった』とこき下ろす準備をしていたが、首相はスピーチで見事に跳ね返した。逆バネですよ。昨年、下馬評を覆して勝った総裁選と同じだ」

そんな安倍スピーチを、陰で支える人物がいる。外交ブレーンの谷口智彦氏(56)だ。

 第1次安倍内閣では、国際広報を担当する外務副報道官を務め、今年2月、安倍氏に請われて内閣審議官に就任した。もとは経済誌「日経ビジネス」の記者だ。英語に堪能で、ロンドン特派員時代には「言葉を磨く」ためにと、BBCの番組に定期出演していた。

「日本人として言うべきことはきちんと言わなければならないし、そのためには自分で発信することを躊躇(ちゅうちょ)していては何も始まらない」が持論。首相スピーチには、そんな谷口氏の持論がにじむ。5月の東京での講演で、

「(アジアで)おごらず、威張らず、しかし卑屈にも、偏狭にもならないで、経験を与えるにして寛容、学ぶにして謙虚な一員となるよう、日本人と、日本をもう一度元気にする」

 と語った。自由や民主主義を共有する国と連携する「価値観外交」を掲げたものだ。こうした「理念発信型」の演説を書いたのが、谷口氏と言われる。

AERA 2013年9月23日号

1 2

あわせて読みたい

  • 汚染水でフクイチは崩壊寸前 安倍政権の”五輪ファシズム”が国を滅ぼす

    汚染水でフクイチは崩壊寸前 安倍政権の”五輪ファシズム”が国を滅ぼす

    週刊朝日

    9/12

    ピー! 胸の線量計が鳴り緊張走る…福島第一原発の合同取材で見えた“いばらの道”

    ピー! 胸の線量計が鳴り緊張走る…福島第一原発の合同取材で見えた“いばらの道”

    AERA

    2/29

  • 東京五輪中止のカウントダウン 「旗振り役」逃走でダメ押し?

    東京五輪中止のカウントダウン 「旗振り役」逃走でダメ押し?

    週刊朝日

    9/2

    フクイチ汚染水流出 止まらぬ太平洋汚染の“意外”な事実

    フクイチ汚染水流出 止まらぬ太平洋汚染の“意外”な事実

    週刊朝日

    9/27

  • 東電に追い風? 汚染水問題に変化現る

    東電に追い風? 汚染水問題に変化現る

    週刊朝日

    10/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す