難病「ALS」で闘病中の篠沢教授、iPS細胞に希望

ノーベル賞

2012/11/29 07:00


「クイズダービー」の名物解答者として人気を集めた篠沢秀夫・学習院大学名誉教授(79)。難病のALSだと告白してから3年近くたった今、希望が見えてきた。

あわせて読みたい

  • iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    AERA

    11/28

    内田春菊大腸がん闘病記 「私、人工肛門になっちゃった」

    内田春菊大腸がん闘病記 「私、人工肛門になっちゃった」

    週刊朝日

    9/10

  • 竹下景子「私にキスの雨を降らせたの覚えていますか」篠沢秀夫さんとの記憶

    竹下景子「私にキスの雨を降らせたの覚えていますか」篠沢秀夫さんとの記憶

    週刊朝日

    12/16

    他人のiPS細胞を移植?! “iPS細胞ストック”の可能性

    他人のiPS細胞を移植?! “iPS細胞ストック”の可能性

    dot.

    9/2

  • 山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」 iPS細胞研究で出し抜かれ“逆輸入”の恐れも

    山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」 iPS細胞研究で出し抜かれ“逆輸入”の恐れも

    AERA

    12/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す