2度の大震災で何も学ばない自治体 十分な対策せず放置

地震

2012/11/10 07:00

 東日本大震災の後、何かと話題となっている建物の耐震性。しかし大地震が起きたとき、震災対応の司令塔となる自治体の官庁が危ないという。本誌は、主要77自治体に、大地震や津波などで庁舎に被害が出るかどうかをたずねた。すると庁舎が大地震で倒壊したり崩壊したりする危険性のある自治体が、21自治体にものぼることがわかった。

あわせて読みたい

  • さいたま市など21自治体が危ない 大地震で崩壊の恐れ

    さいたま市など21自治体が危ない 大地震で崩壊の恐れ

    AERA

    11/8

    震度6強以上で「危険」が都内に154棟 渋谷109やロアビルも…

    震度6強以上で「危険」が都内に154棟 渋谷109やロアビルも…

    週刊朝日

    5/22

  • 耐震補強がなされていない「危ない橋」 全国で1381

    耐震補強がなされていない「危ない橋」 全国で1381

    AERA

    9/28

    地震に備えるために子どもが親にまず聞くべきは「いつ家を建てた?」 1981年以前は要注意

    地震に備えるために子どもが親にまず聞くべきは「いつ家を建てた?」 1981年以前は要注意

    AERA

    2/27

  • 東京五輪の新競技場 地震で液状化、津波の懸念も

    東京五輪の新競技場 地震で液状化、津波の懸念も

    AERA

    11/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す