中学生の頃は、表紙の可愛さに惹かれて本を選んでいた ――アノヒトの読書遍歴:山内マリコさん(前編)

2015/05/18 14:00

 富山県出身の小説家・山内マリコさん。大学卒業後に京都でライター活動をスタートさせ、2008年、27歳の時に、短編『十六歳はセックスの齢』で第7回R-18文学賞・読者賞を受賞。今年5月には、「地方在住・無気力主婦の孤独」をコミカルに描く小説『かわいい結婚』を上梓しました。

あわせて読みたい

  • 主体性のある女の子の生き様に強く惹かれる――アノヒトの読書遍歴:山内マリコさん(後編)

    主体性のある女の子の生き様に強く惹かれる――アノヒトの読書遍歴:山内マリコさん(後編)

    BOOKSTAND

    5/19

    女性ジャーナリストが伝える、作家・森瑤子が見た「女であること」の問題

    女性ジャーナリストが伝える、作家・森瑤子が見た「女であること」の問題

    AERA

    5/26

  • 夫婦間の終わりなき闘争... 皿洗いの現場は憎しみを育てる!?

    夫婦間の終わりなき闘争... 皿洗いの現場は憎しみを育てる!?

    BOOKSTAND

    5/8

    作家・山内マリコが綴る 女性にとって「長く使えるいいモノ」とは

    作家・山内マリコが綴る 女性にとって「長く使えるいいモノ」とは

    BOOKSTAND

    3/24

  • 「ドグラ・マグラみたいな東京」という歌詞は、あの難解小説から生まれた ―――アノヒトの読書遍歴:平井拓郎さん(後編)

    「ドグラ・マグラみたいな東京」という歌詞は、あの難解小説から生まれた ―――アノヒトの読書遍歴:平井拓郎さん(後編)

    BOOKSTAND

    5/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す