昨今のポップ・カルチャーの"つまらなさ"から脱却するために必要なこととは

2014/11/25 06:30

 第二次世界大戦後のアメリカ社会において巻き起こった、ビート・ジェネレーションという文学運動。代表的な人物には、ジャック・ケルアック、アレン・ギンズバーグ、ウィリアム・バロウズらがおり、彼らの作品や思想は、アンディ・ウォーホル、ジム・ジャームッシュ、ボブ・ディランやジョニー・デップといった、数多くのアーティストたちにも影響を与えたことで知られています。

 

 後世のカルチャーにまで大きな影響を及ぼした、ビート・ジェネレーション。本書『新約ビート・ジェネレーション』の著者・北口幸太さんは、このビート・ジェネレーションから得られる精神こそ、昨今のポップ・カルチャーのある種のつまらなさから脱却する道を示してくれているのだと指摘します。

あわせて読みたい

  • プリンス・バンドの参加メンバーが集うザ・ニュー・パワー・ジェネレーションによる、プリンス・トリビュート・ライブが開催決定

    プリンス・バンドの参加メンバーが集うザ・ニュー・パワー・ジェネレーションによる、プリンス・トリビュート・ライブが開催決定

    Billboard JAPAN

    11/2

    『11月30日はなんの日?』“反逆のアイドル”から“逆襲のアイドル”へ、ビリー・アイドルの誕生日

    『11月30日はなんの日?』“反逆のアイドル”から“逆襲のアイドル”へ、ビリー・アイドルの誕生日

    Billboard JAPAN

    11/30

  • ザ・フー『マイ・ジェネレイション<スーパー・デラックス・エディション>』3フォーマットでリリース

    ザ・フー『マイ・ジェネレイション<スーパー・デラックス・エディション>』3フォーマットでリリース

    Billboard JAPAN

    10/13

    『4月21日はなんの日?』世界中が“紫の雨”に染まった、プリンスの死から1年

    『4月21日はなんの日?』世界中が“紫の雨”に染まった、プリンスの死から1年

    Billboard JAPAN

    4/21

  • 「カウンター・カルチャーは、今となってはその時代の文化」 “パンクの女王”パティ・スミスと11年ぶりに来日したフィリップ・グラスがギンズバーグの影響を語る

    「カウンター・カルチャーは、今となってはその時代の文化」 “パンクの女王”パティ・スミスと11年ぶりに来日したフィリップ・グラスがギンズバーグの影響を語る

    Billboard JAPAN

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す