ふなっしーやAKBも? タイムスリップした浮世絵師が見た平成の流行

2014/10/10 14:30

 1971年、群馬県前橋市の旧家から『うろ覚え草紙』という珍書が発見されたことがあったとか。同書の著者は、江戸時代の浮世絵師・歌川芳細(よしこま)。歴史に詳しい人でも、『うろ覚え草子』や「うたがわよこしま」という名前を耳にしたことがある方は少ないのではないでしょうか。いや、いたら驚きです。

あわせて読みたい

  • おもちゃ絵芳藤

    おもちゃ絵芳藤

    週刊朝日

    6/14

    好奇心旺盛な江戸町人に大人気 今年の夏は浮世絵でキモだめし

    好奇心旺盛な江戸町人に大人気 今年の夏は浮世絵でキモだめし

    週刊朝日

    7/30

  • 北斎は「嫌いな浮世絵師No.1」だった? 日本人が意外に知らない天才絵師の素顔

    北斎は「嫌いな浮世絵師No.1」だった? 日本人が意外に知らない天才絵師の素顔

    AERA

    4/24

    性のタブーのない日本

    性のタブーのない日本

    週刊朝日

    1/14

  • 黒田官兵衛を陥れた“卑怯者”の代名詞・荒木村重に子孫が…! 波乱の画家・岩佐又兵衛
    筆者の顔写真

    鈴子

    黒田官兵衛を陥れた“卑怯者”の代名詞・荒木村重に子孫が…! 波乱の画家・岩佐又兵衛

    dot.

    3/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す