公明党と創価学会の深い関係に切り込んだ大下英治さんの大作

2014/07/15 14:30

 連立与党の公明党といえば、支持団体である創価学会との関係を思い浮かべる人が多いかもしれません。憲法では、信教の自由を保障することを目的として、政治と宗教は分けるべきとする「政教分離」が定められていますが、内閣法制局は「宗教団体の政治活動を排除する規定ではない」と、公明党の政治活動を認める見解を示しています。また、かつては自民党議員から「政教一致だ」と批判する声もありましたが、連立を組む今となってはそれも昔の話となっていました。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す