中国ビジネス歴10年の博報堂社員が解き明かす「中国の本当の姿」

2013/07/30 10:30

2012年に起きた尖閣諸島問題以降、日本と中国の緊張状態が盛んに報道されています。経済的、政治的に消極的なイメージを持っている人が大多数であろう日中関係ですが、7月25日に発売された書籍『超実践 ネクストチャイナ・マーケティング』によれば、中国現地には日本を友好的にとらえている生活者は意外にも多いとのこと。10年ものあいだ中国市場を現地で見つめてきた著者の青木生さん(株式会社博報堂・PR戦略局/チャイナビジネスプラニング局)と木戸良彦さん(同社・チャイナビジネスプラニング局)に、同書についてお聞きしました。

あわせて読みたい

  • 今の海外ビジネス、インバウンドビジネスは「リセット」した方が良い?

    今の海外ビジネス、インバウンドビジネスは「リセット」した方が良い?

    BOOKSTAND

    11/20

    中国ビジネス界では「ちょっと抜けてる」くらいがちょうどいい?

    中国ビジネス界では「ちょっと抜けてる」くらいがちょうどいい?

    BOOKSTAND

    7/21

  • 秋元康も模倣被害 中国版「AKB」の契約違反

    秋元康も模倣被害 中国版「AKB」の契約違反

    週刊朝日

    6/22

    「世界で活躍するには『個』の力が必要」 サッカー本田理論はビジネスでも常識!?

    「世界で活躍するには『個』の力が必要」 サッカー本田理論はビジネスでも常識!?

    BOOKSTAND

    5/30

  • 客の好みもわかる「ユビレジ」価格はレジの10分の1以下

    客の好みもわかる「ユビレジ」価格はレジの10分の1以下

    AERA

    8/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す