言葉が通じなくても“良き仲間”ができる理由 帯津医師が語る

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2022/12/19 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)医師。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「中国語とのつきあい」について。

あわせて読みたい

  • 帯津医師が「日本人と中国人は心を通じ合うことができる」と語る理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津医師が「日本人と中国人は心を通じ合うことができる」と語る理由

    週刊朝日

    6/20

    手術の腕よりも大事? 帯津医師が考える「私にとっての名誉」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    手術の腕よりも大事? 帯津医師が考える「私にとっての名誉」

    週刊朝日

    6/6

  • 落ち込んだ時こそおすすめ? 帯津医師「居酒屋という場」の魅力を語る
    筆者の顔写真

    帯津良一

    落ち込んだ時こそおすすめ? 帯津医師「居酒屋という場」の魅力を語る

    週刊朝日

    10/31

    「人生は後半に味わい深くなる」 医師がすすめる「漢詩」の世界
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「人生は後半に味わい深くなる」 医師がすすめる「漢詩」の世界

    週刊朝日

    4/26

  • がん克服のための「郭林新気功」とは? 帯津医師、指導者と交流
    筆者の顔写真

    帯津良一

    がん克服のための「郭林新気功」とは? 帯津医師、指導者と交流

    週刊朝日

    1/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す