2030札幌「冬季五輪」それでも必要か カギ握るは“ぼったくり男爵”!?

2022/08/25 07:00

 2030年冬季五輪の招致を目指す札幌市。決まれば1972年大会以来、58年ぶり2度目の祭典となる。だが、東京五輪組織委元理事が収賄スキャンダルで逮捕される事態が勃発し、関係者は戦々恐々。賛否渦巻く招致活動の現状を探った。

あわせて読みたい

  • 札幌市の冬季五輪招致に「財政負担を懸念する」声も 全面的な歓迎ムードとはいえず

    札幌市の冬季五輪招致に「財政負担を懸念する」声も 全面的な歓迎ムードとはいえず

    AERA

    2/7

    札幌市が2030年冬季五輪の招致に名乗り コストは施設改修で圧縮「総額3000億円」に

    札幌市が2030年冬季五輪の招致に名乗り コストは施設改修で圧縮「総額3000億円」に

    AERA

    2/6

  • 五輪汚職は「札幌でも必ず起きる」と専門家 「悪い電通マン」排除だけでは済まない理由

    五輪汚職は「札幌でも必ず起きる」と専門家 「悪い電通マン」排除だけでは済まない理由

    AERA

    16時間前

    冬季五輪開催21都市のうち、今世紀末に開催可能は8都市だけ? 地球温暖化の影響

    冬季五輪開催21都市のうち、今世紀末に開催可能は8都市だけ? 地球温暖化の影響

    AERA

    2/27

  • 「商業主義の五輪なら意味がない」脚本家・倉本聰が直言

    「商業主義の五輪なら意味がない」脚本家・倉本聰が直言

    週刊朝日

    8/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す