改憲なしで進む先制攻撃の準備 古賀茂明

政官財の罪と罰

古賀茂明

2022/07/12 07:00

 憲法改正が参議院選挙の争点の一つになった。保守派が声高に改憲を求めれば求めるほど、護憲派は、改憲阻止に必死になる。しかし、現実は、そうした「闘い」のはるか先を行く。改憲などする前に、北京を攻撃できるミサイル開発が既に始まっているのだ。

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「愚策中の愚策だ」敵基地攻撃能力保有論に反対する理由
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「愚策中の愚策だ」敵基地攻撃能力保有論に反対する理由

    週刊朝日

    7/14

    「2プラス2文書」が語る日本の安保の未来 「日本が盾」「米国が矛」見直し議論が急務

    「2プラス2文書」が語る日本の安保の未来 「日本が盾」「米国が矛」見直し議論が急務

    AERA

    2/3

  • 室井佑月「まず守るべきもの」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「まず守るべきもの」

    週刊朝日

    5/12

    自民がこだわる「敵基地攻撃能力」が招く未来 自衛隊が中東などで攻撃に本格参加の恐れ

    自民がこだわる「敵基地攻撃能力」が招く未来 自衛隊が中東などで攻撃に本格参加の恐れ

    AERA

    7/30

  • 先に敵基地を叩く「攻撃能力保有」の高いハードル 米英軍がイラクで失敗、憲法違反の恐れも

    先に敵基地を叩く「攻撃能力保有」の高いハードル 米英軍がイラクで失敗、憲法違反の恐れも

    AERA

    7/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す