欧米新薬が日本に入らない「ドラッグラグ」が拡大 個人負担増の恐れも

2022/06/27 06:30

 欧米で開発された新薬が日本になかなか届かない、「ドラッグラグ」(新薬承認の遅れ)を心配する声が上がっている。欧米との格差が広がれば、患者の負担が増えたり、最先端の治療が受けられなくなったりする恐れがある。

あわせて読みたい

  • 新薬承認で日本市場の魅力が低下 市場規模は2026年「世界4位」に転落の見通し

    新薬承認で日本市場の魅力が低下 市場規模は2026年「世界4位」に転落の見通し

    週刊朝日

    6/28

    山田涼介さんが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場! 「役者としての自分にNGはない」

    山田涼介さんが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場! 「役者としての自分にNGはない」

    6/20

  • 100以上の遺伝子を網羅的に調べる「がんゲノム医療」 気になる自己負担額は?

    100以上の遺伝子を網羅的に調べる「がんゲノム医療」 気になる自己負担額は?

    週刊朝日

    11/18

    医者にもらう薬の値段はこうやって決まる

    医者にもらう薬の値段はこうやって決まる

    AERA

    11/3

  • 早期承認を求めてはいけない新型コロナ治療薬 医師が経験した心苦しい教訓とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    早期承認を求めてはいけない新型コロナ治療薬 医師が経験した心苦しい教訓とは?

    dot.

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す