横尾忠則の心を読める? 愛猫「おでん」がもしも言葉を話したら

シン・老人のナイショ話

ねこ

2021/12/25 16:00

 芸術家として国内外で活躍する横尾忠則さんの連載「シン・老人のナイショ話」。今回は、横尾さんの愛猫おでんについて。

あわせて読みたい

  • 瀬戸内寂聴「どの季節に死んでも全部使えます」 遺詠の句を作る

    瀬戸内寂聴「どの季節に死んでも全部使えます」 遺詠の句を作る

    週刊朝日

    12/7

    瀬戸内寂聴に「手紙は面白いのに小説は下手」 三島由紀夫の思い出語る

    瀬戸内寂聴に「手紙は面白いのに小説は下手」 三島由紀夫の思い出語る

    週刊朝日

    11/10

  • 「夢はなるべく悪夢の方がいい」 横尾忠則がその理由を説く
    筆者の顔写真

    横尾忠則

    「夢はなるべく悪夢の方がいい」 横尾忠則がその理由を説く

    週刊朝日

    2/26

    瀬戸内寂聴「私が死んだら、この日記が…」 横尾忠則の著作を絶賛する理由

    瀬戸内寂聴「私が死んだら、この日記が…」 横尾忠則の著作を絶賛する理由

    週刊朝日

    10/13

  • 絵は誰のために描くのか? 横尾忠則「神への奉納」に近いもの感じる
    筆者の顔写真

    横尾忠則

    絵は誰のために描くのか? 横尾忠則「神への奉納」に近いもの感じる

    週刊朝日

    12/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す