置き手紙でバックレも 伝説の家政婦タサン志麻が語る過去とこだわり (1/6) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

置き手紙でバックレも 伝説の家政婦タサン志麻が語る過去とこだわり

タサン志麻 (撮影/写真部・高野楓菜)

タサン志麻 (撮影/写真部・高野楓菜)

タサン志麻さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・高野楓菜)

タサン志麻さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・高野楓菜)

「伝説の家政婦」として活躍するタサン志麻さん。本格フレンチ学校に通った経験もあるほどフランス料理が大好きな作家・林真理子さんとは、大盛り上がり。フレンチの道を目指した理由、仏文化にのめり込んだ修業時代、いろんな角度から林さんが迫ります。

【林真理子さんとのツーショットはこちら】

*  *  *
林:はじめまして。志麻さん、おめでたですって?

志麻:そうなんです。

林:おめでとうございます。第3子ですか。

志麻:はい。いま男の子2人で、3番目は女の子なんです。

林:いいですね。私、子どものときの夢が、フランス人と結婚して女の子を産むことだったんです(笑)。予定日はいつなんですか?

志麻:9月末です。

林:ジョセフィーヌなんて名前、どうかしら。

志麻:ハハハハ。

林:いま志麻さんはあちこちに引っ張りだこですけど、肩書はいまだに「家政婦」ですよね。もう「料理研究家」と名乗っていいんじゃないですか?

志麻:あえて「家政婦」という肩書で続けたくて。最近メディアの仕事も増えてきて、「肩書を料理研究家にしませんか」と提案されることもあるんですが、「家政婦にしてください」ってお願いしています。

林:そうなんですか。よそのお宅にいらして、魔法のようにパパパッと10種類以上のお料理をつくられていますけど、あれは本当に冷蔵庫の中のものを組み合わせてできるんですか。

志麻:そうなんです。基本的にはお客さまのお宅の冷蔵庫を開けてから料理を考えます。といっても、そこにある食材から個別のメニューを考えるのではなく、どんな調理法にするかを考えるんです。

林:調理法ですか。

志麻:はい。まずはメインになりそうなお肉やお魚を確認して、たとえば鶏肉が1枚あったら、煮るか、焼くか、揚げるか、蒸すかをまず決めます。もし揚げるなら、トマトソースとセットにしようとか、香辛料を利かせてから揚げようとか、そのお宅にある調味料や野菜を使ってできることを考えながら、組み合わせているんです。

林:冷蔵庫にあるものを見て、パッとそこまでひらめくなんて、ふつうはできませんよ。じつは私、フランス料理っていいなと思って、ル・コルドン・ブルー(フランス料理・菓子の専門学校)の基礎科に行ったことがあるんですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい