【家つまみ】旬をぷるんと味わう「丸ごとトマトの白ワインゼリー」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】旬をぷるんと味わう「丸ごとトマトの白ワインゼリー」

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#レシピ#黒田民子
丸ごとトマトの白ワインゼリー  (撮影/写真部・松永卓也)

丸ごとトマトの白ワインゼリー  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】湯むきしたトマトは、温かいシロップに浸けて果肉に甘みを含ませる。(左) ゼラチンに水を加えるのではなく、水に振り入れるようにすると戻りやすい。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】湯むきしたトマトは、温かいシロップに浸けて果肉に甘みを含ませる。(左) ゼラチンに水を加えるのではなく、水に振り入れるようにすると戻りやすい。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「丸ごとトマトの白ワインゼリー」。

【写真】作る際のワンポイントアドバイスはこちら

*  *  *
 真っ赤なトマトはまるで太陽のよう。見ているだけで元気が出ます。ちょうどいまの時期が旬で、ぐっと甘みが増してきました。たまには気分を変えて、デザートにしてみませんか?

 まずはトマトの湯むきから。ヘタを取り、反対側に十字に包丁を入れます。これを熱湯に1分ほど入れて冷水にくぐらせ、切り込みの皮を引っ張ると、つるっと簡単にむけます。

 次は鍋にシロップの材料を入れて沸かします。これを容器に移し、湯むきにしたトマトを浸けて冷ますと果肉が甘みを含んでコンポートができあがります。粉ゼラチンを水で戻す際は注意が必要。ダマになりやすいので、水に粉ゼラチンを振り入れるようにして戻すようにしてください。

 最後にトマトを器に盛り、アミで漉(こ)しながらシロップを加えて冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。さわやかな白ワインのゼリーとトマトのジューシーな甘みが口いっぱいに広がり、これからの季節にぴったりですよ。

(構成/沖村かなみ)

■丸ごとトマトの白ワインゼリー
【材料】(2人分) トマト(中)2個、シロップ(砂糖100g、水250g、レモン汁大さじ1)、粉ゼラチン大さじ1、水大さじ4、白ワイン50ml

【作り方】(1)トマトのヘタを取り、反対側に浅く十字に包丁を入れる。沸騰した湯に1分ほど入れ、冷水にとって皮をむく。(2)シロップの材料を鍋に入れて沸かし、容器に移して(1)のトマトを浸け、そのまま冷ます。(3)容器に水を入れてゼラチンを振り入れ、10分ほどおく。鍋に(2)のシロップを入れ、白ワインを加え、沸騰したら火を止める。ふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜ合わせる。(4)器にトマトを盛り、(3)をアミで漉しながら器に入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

【ワンポイントアドバイス】湯むきしたトマトは、温かいシロップに浸けて果肉に甘みを含ませる。ゼラチンに水を加えるのではなく、水に振り入れるようにすると戻りやすい。

週刊朝日  2021年5月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい