クイーンブームがいまだ熱い チケットは10分で完売!ファン興奮のイベントとは 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クイーンブームがいまだ熱い チケットは10分で完売!ファン興奮のイベントとは

角田奈穂子週刊朝日
メンバーと接した浅沼さんやレコード会社元担当の松林天平さんと、クイーン研究家・石角隆行さんのトークも (撮影/写真部・東川哲也)

メンバーと接した浅沼さんやレコード会社元担当の松林天平さんと、クイーン研究家・石角隆行さんのトークも (撮影/写真部・東川哲也)

 4月17日は「クイーン・デイ」。英国のロックバンド、クイーンが1975年、熱狂的なファンに迎えられて羽田空港に降り立った日だ。2015年、初来日40年の節目を記念し、正式に“制定”された。

【写真特集】「クイーン・デイ」のイベントの様子はこちら

 クイーンと日本のファンとの蜜月は40年以上。「クイーン・デイ」制定から7回目となる今年も、思い出の地、羽田空港第3ターミナルにファンが集結。メンバーのフレディ・マーキュリーやロジャー・テイラーに扮したり、ロゴ入りTシャツを着たり、クイーンへの思いをそれぞれの流儀で表現していた。

 イベントのチケットは10分で完売。トークショーやトリビュートバンド「QUEER」のライブを楽しむ会場では、今も揺るがないファンたちのクイーン愛が、マスク姿から満ちあふれ、こぼれ咲いた。(角田奈穂子=フィルモアイースト)

>>【関連記事】「結成50年“クイーン愛”が止まらない! 初来日から続く日本との不思議な縁とは」はこちら

>>【関連記事】「クイーン人気は大人の女性の熱気で続く? 「フレディと一体化したい」とコスプレ挑戦も」はこちら

週刊朝日  2021年5月7-14日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい