“江戸川乱歩”に人々が魅せられた理由を紐解く 『乱歩とモダン東京』

書評

2021/04/24 17:00

 文芸評論家・長山靖生さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『乱歩とモダン東京 通俗長編の戦略と方法』(藤井淑禎著、筑摩選書、1500円・税抜き)の書評を送る。

あわせて読みたい

  • 『陰獣』は、エロティックな意味じゃない! リニューアル版乱歩文庫の解説はトリビア満載

    『陰獣』は、エロティックな意味じゃない! リニューアル版乱歩文庫の解説はトリビア満載

    BOOKSTAND

    2/21

    M!LK板垣瑞生がロボットを愛する少年に、映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』公開決定

    M!LK板垣瑞生がロボットを愛する少年に、映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』公開決定

    Billboard JAPAN

    1/29

  • 面白いけど悔しくもある『K-20 怪人二十面相・伝』

    面白いけど悔しくもある『K-20 怪人二十面相・伝』

    12/25

    アノヒトの読書遍歴 今泉泰幸さん(前篇)

    アノヒトの読書遍歴 今泉泰幸さん(前篇)

    BOOKSTAND

    9/29

  • 西島秀俊「明智小五郎」が“明智「MOZU」郎”であるワケ
    筆者の顔写真

    カトリーヌあやこ

    西島秀俊「明智小五郎」が“明智「MOZU」郎”であるワケ

    週刊朝日

    4/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す