NEWS加藤シゲアキの活躍の秘密 作家とアイドルのスイッチの切り替えは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NEWS加藤シゲアキの活躍の秘密 作家とアイドルのスイッチの切り替えは?

週刊朝日
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 人気アイドルグループ「NEWS」メンバーで、作家としての活躍もめざましい。多彩な表現者が見据えるものとは──。

【加藤シゲアキさんが飾った週刊朝日の表紙はこちら】



「舞台には独特のエネルギーが必要。役者たちが体全体で表現し、物語を牽引していくパワフルさに、見る側も演じる側も励まされたら」

 NEWSとしてのグループ活動だけでなく、作家としても活躍する加藤シゲアキが、約3年半ぶりに舞台に主演する。挑むのは、青春群像劇「モダンボーイズ」。日中戦争直前の浅草のレビュー小屋を舞台に、プロレタリア革命を志す学生が、ひょんなことからレビューの人気者となり自分なりの革命を見いだしていくストーリーだ。

「思いのままに舞台ができない時代は、コロナ禍の今とシンクロする部分も多い。制約がある中でも、工夫を凝らしてやり続けた先に、届けられる喜びがある。今こそ普遍的なものを感じ取れる物語では」

 この3月、昨年発表した小説『オルタネート』で、アイドルとしては初めて吉川英治文学新人賞を受賞した。

「お祝いのお花がたくさん届いて、家がお花畑みたいになっています(笑)。自分の達成感より、周りが喜んでくれたことが嬉しかった」

 歌うこと、演じること、書くこと……どうやってスイッチを切り替えるか問うと、「どれもあまり変わらない」と笑う。歌う日があって、演じる日があって、書く日がある。「それは全部、自分にとっては表現すること。共通するのは、表現することの喜びです」

かとう・しげあき/1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。アイドルグループNEWSのメンバー。2012年に作家デビュー。今年3月、アイドルとしては初めて吉川英治文学新人賞を受賞。約3年半ぶりの主演舞台「モダンボーイズ」が4月3~16日(東京・新国立劇場 中劇場)、4月28~30日(大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール)に上演予定。

週刊朝日  2021年4月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい