東大合格公立高トップへ 日比谷、復活のカギは“底辺校での原点” 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大合格公立高トップへ 日比谷、復活のカギは“底辺校での原点”

松岡瑛理週刊朝日#大学受験#東大
日比谷 (同校提供)

日比谷 (同校提供)

角谷暁子さん (c)テレビ東京

角谷暁子さん (c)テレビ東京

過去40年の東大合格者数と順位 (週刊朝日2021年3月19日号より)

過去40年の東大合格者数と順位 (週刊朝日2021年3月19日号より)

 7年連続で公立(国立を除く)トップの東大合格者数を誇るまで復活したのが日比谷(東京)だ。

【写真】この女子アナも卒業生

 1964年に193人という最多記録をたたき出すなど、かつては東大合格者数ナンバーワンの座を独占。京大卒で87年にノーベル医学生理学賞を受賞した利根川進さん(81)もOBだ。

 だが、都立校の学校格差を緩和するため、67年度に合格者を群内各校に機械的に振り分ける制度が始まると、東大合格者数は1桁台まで落ちた。

 転機は都立高改革が始まった2001年。西などとともに進学指導重点校に指定された。03年には学区制が廃止され、以前のように都内全域から優秀な生徒が集まるようになった。05年に16年ぶりの2桁台となる14人が東大に合格。16年には44年ぶりに50人を超えた。

 この状況を後押ししたのが、12年に赴任した武内彰校長だ。各教科の主任を中心とした学力意見交換会や、成績のデータベース化など数々の取り組みに着手。特に力を入れたのが、校内のコミュニケーションの「フラット化」だった。

 それは教員と意見交換を重ねるだけではない。廊下で生徒と会えば自らあいさつ。時間が空いているときは校長室を開放し、いつ誰が来ても対応できるようにした。相談内容も問わない。

 卒業後に慶應義塾大へ進み、現在はテレビ東京でアナウンサーを務める角谷(かどや)暁子さん(26)は、武内校長の赴任時の様子についてこう語る。

「校内を巡回する姿がとにかく印象的でした」

 自身がアシスタントを務める「THE名門校」(BSテレ東)で母校を取り上げたとき、武内校長に改めて驚いた。

「高3の文化祭で出た舞台を見てくださっており、存在を覚えていただいていたんです」

 武内校長の原点は、喫煙や暴力で年間90人近い退学者が出た初任校。対話を重ねることで、生徒の行動が変わることを目の当たりにした。全国有数の進学校にいる今も、当時と同じ思いで取り組む。

「生徒を引っ張るのではなく背中を押し、自ら走り出してもらうことが教員の役割です」

(本誌・松岡瑛理)

週刊朝日  2021年3月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい