西武・松坂大輔、楽天・田中将大、日本ハム・斎藤佑樹……甲子園優勝投手の現在地

2021/03/09 09:00

 高校野球がアマチュアスポーツで断トツの人気を誇る日本では、プロ入り後も「甲子園優勝投手」の注目度が高い。1998年の甲子園で春夏連覇を達成した横浜(神奈川)の絶対的エース・松坂大輔の衝撃から23年が経つが、現在もその「伝説」は野球ファンの間で語り継がれている。駒大苫小牧(北海道)のエース・田中将大は2005年の2年夏に全国制覇を達成。翌06年夏に同校の夏3連覇を阻止した早稲田実(東京)の斎藤佑樹は、マウンド上でハンカチを取り出して汗をぬぐった姿が話題を呼び、「ハンカチ王子」の異名で社会現象になった。

あわせて読みたい

  • 斎藤佑樹、安楽智大、オコエ瑠偉、清宮幸太郎…プロで伸び悩む「甲子園スター」たち

    斎藤佑樹、安楽智大、オコエ瑠偉、清宮幸太郎…プロで伸び悩む「甲子園スター」たち

    週刊朝日

    6/9

    福留孝介、五十嵐亮太、石川雅規…40歳以上でも主力の選手たち

    福留孝介、五十嵐亮太、石川雅規…40歳以上でも主力の選手たち

    週刊朝日

    6/3

  • 川上哲治、柴田勲、石井琢朗…投手から野手に転向して大ブレークした選手たち

    川上哲治、柴田勲、石井琢朗…投手から野手に転向して大ブレークした選手たち

    週刊朝日

    5/13

    斎藤雅樹、槙原寛己、桑田真澄、上原浩治…平成以降の「巨人のエース」で最もすごいのは

    斎藤雅樹、槙原寛己、桑田真澄、上原浩治…平成以降の「巨人のエース」で最もすごいのは

    週刊朝日

    5/19

  • 「5球団競合」ドラフト1位は本領を発揮するか?【来季期待の若手選手 パ・リーグ編】

    「5球団競合」ドラフト1位は本領を発揮するか?【来季期待の若手選手 パ・リーグ編】

    dot.

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す