松本人志が約30年前に予言した“テレビの将来”が現実に!? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松本人志が約30年前に予言した“テレビの将来”が現実に!?

矢部万紀子週刊朝日#週刊朝日
松本人志さん (撮影/渡辺達生)

松本人志さん (撮影/渡辺達生)

『遺書』のベストセラーを祝ったパーティーでの松本人志さん(1994年11月)

『遺書』のベストセラーを祝ったパーティーでの松本人志さん(1994年11月)

 1993年から2年間、「週刊朝日」で連載し、計400万部以上ものベストセラーを生み出した松本人志さん。約30年前を振り返り、「嘘ばっか書いてたはずなのになー」とテレる松本さんを当時の連載担当、矢部万紀子さんがインタビュー。

【写真】『遺書』のベストセラーを祝ったパーティーでの松本人志さん

*  *  *
 松本人志さんの著書『遺書』と『松本』は、週刊朝日の連載をまとめたものだ。1993年7月16日号から95年7月14日号までの連載で、隣のページには故・ナンシー関さんの「小耳にはさもう」が並んでいた。

 松本さんはある雑誌でナンシーさんと対談、そのことを連載に書いた。連載が「話したことを誰かがまとめる」スタイルだとナンシーさんが思っていたことに驚き、こう反論した。<いやいや、オレをみくびってもらっては困る。私生活はともかく、仕事においては、いっさい人まかせにしない。人にも厳しいが、自分にはもっと厳しい、男(お)ットコ前芸人なのだ>

 連載担当者として改めて書くが、文もイラストも100%松本さんだ。手書きの文字とイラストが毎週ファクスで送られてきて、締め切りに遅れたことは一度もない。内容は徹頭徹尾、お笑い論で、テレビ局に映画会社、お笑い芸人に著名な評論家、所属する吉本興業まで俎上に載せて厳しく論じた。「笑い」への愛と自負がにじみ、批判する相手も実名だった。

 それをまとめた本だ。売れるのは当然で、94年9月に発売した『遺書』は3カ月で100万部を突破、翌年発売した『松本』は1カ月で100万部を突破した。

『遺書』の方が長くかかったのは初版部数が少なかったからで、発売時、松本さんは5万部という数字をあげて、こう書いた。<まずオレが(週刊朝日に)言いたいのは、「おまえオレをなめとんのか!」ということである>

 以来、『遺書』は232万1000部、『松本』は156万1000部売れている。文庫『「松本」の「遺書」』もあり、こちらは38万9000部だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい