消えた「はだ色」、聖徳太子の名称変更 小学校の「新常識」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

消えた「はだ色」、聖徳太子の名称変更 小学校の「新常識」

永井貴子週刊朝日#教育
サクラクレパスの商品 (c)朝日新聞社

サクラクレパスの商品 (c)朝日新聞社

旧1万円札(見本) (c)朝日新聞社

旧1万円札(見本) (c)朝日新聞社

 昭和・平成・令和と三つも元号が変われば、世の「常識」もガラリと変わり、気づけば浦島太郎状態に──。なかでも教育現場は、そんな「新常識」のオンパレードだ。たまには、子や孫の教科書をめくり、学校の話を聞いてみてはどうだろう。

【実は別人だった!? 旧1万円札(見本)の写真はこちら】

*  *  *
「はだ色のクレヨン、取ってちょうだい」

 東京都内在住の女性は、小学1年生の娘が学校で使うクレヨンに一本一本、「お名前シール」を貼っていた。すると、娘からは思わぬ言葉が返ってきた。

「はだ色は、ないよ」

 不思議に思って「はだ色」を手に取ると、クレヨンに巻かれた紙には「うすだいだい」と印字があった。

 総合文具メーカーのサクラクレパスの広報担当者が説明する。

「20年ほど前に、『多様な国籍の人が暮らす時代において、差別的だと感じる人もいる』との問題提起があり、業界全体で『はだ色』の名称は使わなくなりました」

 教育現場でも、国籍や男女の垣根は消えつつある。クラス名簿は、男女混合の50音順が主流に。「蒼」や「葵」で「あおい」と読む男の子の名前も一般的で、名簿で男女の区別はつかない。

 運動会も変わった。受験を控える小学6年や中学3年の保護者は、ケガで勉強に支障が出るのを嫌がる。

「名物だった組み体操のピラミッドやタワーをやめる学校は、年々増えています」(都内小学校の女性教員)

 安全性への配慮は手厚くなった。理科の実験でおなじみだったアルコールランプも、カセットコンロに移りつつある。

 アルコールランプに使われる液体のメタノールは、気化しやすく爆発の危険があるためだ。

「マッチを触ったことがなく、火をつけられない子どもが増えたという背景もあります」(大手科学教室のスタッフ)というから、将来がちょっと心配になる。

 校庭の白い「ライン引き」に使うライン材も、中身が変わった。

 2007年、文部科学省は全国の教育委員会などに、強アルカリ性の消石灰系のライン材は目に入ると視力障害を残す危険性があると指摘した。それを受けて、弱アルカリ性の炭酸カルシウム系のライン材に移った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい