PCR検査は3日に1回 北島康介らが参加したコロナ禍の国際大会 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

PCR検査は3日に1回 北島康介らが参加したコロナ禍の国際大会

連載「金メダルへのコーチング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
平井伯昌週刊朝日#平井伯昌
平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長

プールサイドで応援する東京フロッグキングス(10月24日、ハンガリー・ブダペスト)=(c)ISL

プールサイドで応援する東京フロッグキングス(10月24日、ハンガリー・ブダペスト)=(c)ISL

 指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第43回は「コロナ禍の国際大会」について。

【写真】プールサイドで応援する東京フロッグキングス

*  *  *
 北島康介GMが率いる「東京フロッグキングス」のコーチとして10月24、25日、競泳の国際リーグ(ISL=インターナショナル・スイミング・リーグ)初戦に挑みました。

 ハンガリーのブダペストで開かれている大会は10チームが参加する対抗戦です。4チームが争う予選リーグの試合(2日間)を4戦して、8チームが準決勝に進みます。初戦は興奮しすぎて実力を出し切れなかった選手もいましたが、チームがよくまとまって試合を楽しんでいます。レースを重ねるごとに調子を上げられるように現地での練習を組み立てていきます。

 欧州で再び新型コロナウイルスの感染者が増えている中での大会は、感染防止対策が徹底されています。

 選手、コーチはPCR検査を受けて感染していないことを確認して日本を出発しましたが、ハンガリー入国直後にもPCR検査を受け、結果が出るまで宿舎の個室を出ることができません。食事も運んでもらい、ほぼ1日、一人で部屋の中で過ごし、陰性が確認されて初めてチームのウェアを取りに行きました。PCR検査は3日に1回、繰り返し受けています。

 宿舎のホテルはドナウ川の島にあり、歩いて15分ぐらいの大会会場までシャトルバスが出ています。試合や練習以外の外出は90分までに制限され、マスクの着用が義務づけられています。マスクをつけていないと試合の得点が減点される仕組みもあります。マスクや消毒液は十分に用意されていて、検温の態勢も整っています。

 練習プールや食堂はチームごとに時間が区切られているので、これまでの国際大会とは違って海外の選手と気軽に交流できる機会はあまりありません。無観客の大会会場に入れるのは陰性が確認された選手とスタッフだけなので、出場4チームが一緒にウォーミングアップをします。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい