「菅総理の妻・真理子夫人にお願いしたい」 作家・下重暁子のファーストレディ考 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「菅総理の妻・真理子夫人にお願いしたい」 作家・下重暁子のファーストレディ考

連載「ときめきは前ぶれもなく」

下重暁子週刊朝日#下重暁子
作家の下重暁子さん

作家の下重暁子さん

写真はイメージです(Getty Images)

写真はイメージです(Getty Images)

 中でも、山口県の新鮮な魚を食べ馴れているので、どうしても干物を自分で作りたくて、鯵を開いて首相公邸の屋根に干して作った話など、ユーモアもありすっかり打ちとけてしまった。その話術も夫人としての仕事の一つ、実に存在感のある方だった。

 佐藤総理夫人ではなく、立派に、佐藤寛子という独立した女性だった。

 これからの女性はそれが当たり前。しかもファーストレディなのだから自らその範を示していただきたい。

 おそらく真理子夫人も、気配りの出来る素敵な女性なのだろう。人柄が滲み出ている。それでなければいつも人が集まる政治家の妻は務まらないという。

 どうか総理夫人だからといって、余分な気をつかわず自然なままであっていただきたい。人目を気にせず、一人の人間としてあることが、菅総理を支えることだと思うのだが。

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『年齢は捨てなさい』ほか多数

週刊朝日  2020年11月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

下重暁子

下重暁子(しもじゅう・あきこ)/作家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。主な著書に『家族という病』『極上の孤独』『人間の品性』ほか多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい