「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

2020/11/06 17:00

 認知症の人がトラブルや事故を起こしても、本人や家族を支える街づくりが全国的に進んでいる。当事者の意思を尊重した条例を作ったり、民間保険を使った事故救済制度を導入したりする自治体を編集部が独自に調査した。

あわせて読みたい

  • 認知症による損害賠償への備え あなたの親は大丈夫?

    認知症による損害賠償への備え あなたの親は大丈夫?

    週刊朝日

    1/26

    民間・自治体で広がる認知症“予防サービス”と“保険”

    民間・自治体で広がる認知症“予防サービス”と“保険”

    週刊朝日

    6/14

  • 認知症の外出時トラブル保障も 知っておきたい安心制度

    認知症の外出時トラブル保障も 知っておきたい安心制度

    週刊朝日

    10/7

    認知症の親が他人に損害与えたら…「国の救済制度が必要」と医師

    認知症の親が他人に損害与えたら…「国の救済制度が必要」と医師

    AERA

    3/15

  • 認知症患者の家族に賠償も…介護・医療費だけではない金銭リスクの回避法

    認知症患者の家族に賠償も…介護・医療費だけではない金銭リスクの回避法

    AERA

    11/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す