「性被害をどこに相談しても対応してもらえなかった」聖路加病院の元牧師を提訴した患者女性が激白 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「性被害をどこに相談しても対応してもらえなかった」聖路加病院の元牧師を提訴した患者女性が激白

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司、岩下明日香週刊朝日
本誌の取材に応じた女性(撮影/岩下明日香)

本誌の取材に応じた女性(撮影/岩下明日香)

 聖路加国際病院(東京都中央区)でスピリチャル(心の)ケアを担当していたチャプレン(牧師)の男性から病院内で性被害を受けたとして、患者の女性が男性と病院を運営する聖路加国際大を相手取り、慰謝料など計約1160万円を求めて東京地裁に提訴した。提訴は11月1日付。女性は2日、東京都内で本誌の単独インタビューに応じ、こう訴えた。

「事実がウヤムヤになり、私が悪いようにされ、人格まで疑われてしまった。事実認定をしてもらって、その上で生きていきたい。人生を再構築したいんです」

 訴状などによると、女性は2016年から、難病の治療のため同病院に通院。17年5月8日、次のような被害を受けたという。

<チャプレン(牧師)は牧師控室のドアの内鍵を閉め、自らソファの上に仰向けで横になり、足裏、足首から始まり、ふくらはぎ、太もも、太ももの付け根までマッサージをするように原告に求めてきた。顔を背けていた原告(女性)に『もっとちゃんと見て』などと言いながら>

<被告(男性)は、『ズボンの上からじゃダメだ』『もうちょっと直接やってくれ』という趣旨のことを言って、ズボンのチャックを外し、下着姿となった>

 女性は本誌の取材に対し、当時の状況について改めて説明した。

「私は週に1度通院していたんです。診察が終わった夕方、チャプレンに少し話を聞いてもらおうと、院内の教会へ行きました。チャプレンの控室で、最初の1時間半ほどはまじめな話でしたが、そのうちに肩をもんでくれと言い出しました。私は最初、10分くらいでマッサージを止めようとしたら、さらに10分、また10分と延ばされ、だんだんと性的なマッサージへとエスカレートしていったんです」

「チャプレンは私の手首あたりを握り、上下に手を動かせて、下半身をマッサージさせました。私は控室に5時間も閉じ込められました。私が帰ろうとすると、立ちふさいだ。まさか、チャプレンに性感マッサージのようなことをさせられるなんて信じられなかった」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい