【家つまみ】油少なめでカリカリ香ばしい! カジキマグロの揚げ焼き 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】油少なめでカリカリ香ばしい! カジキマグロの揚げ焼き

連載「家つまみでひとやすみ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カジキマグロのさわやかソース添え  (撮影/写真部・松永卓也)

カジキマグロのさわやかソース添え  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】カジキマグロに片栗粉をつけ、余分な粉は手ではたいて落とす (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】カジキマグロに片栗粉をつけ、余分な粉は手ではたいて落とす (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「カジキマグロのさわやかソース添え」。

【「カジキマグロのさわやかソース添え」を作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
“カジキマグロ”と呼ばれるメカジキは、秋から冬にかけて脂がのってぐっとおいしくなります。今回は少なめの油でカリッと揚げ焼きにしてみました。

 まず魚の切り身を食べやすい大きさに切って全体に塩と黒胡椒で下味をつけます。表面に片栗粉をまぶしますが、揚げた時にダマにならないよう余分な粉はパパッと手ではたいて落としてくださいね。

 次に揚げ油を用意します。油は魚が半分かぶる程度の少なめで構わないのでフライパンで十分です。サラダ油を注いで中火にかけ、170度程度にします。生でも食べられる野菜は高温でさっと揚げてもいいですが、魚は低めの温度で少しじっくり火を入れるのがポイントです。

 両面が香ばしく焼けたら、油を切って器に盛り付け、唐辛子をアクセントにしたさわやかなマヨネーズソースを添えましょう。付け合わせはキャベツ以外に、ホクホクに蒸した里芋もソースに合いますよ。

(構成/沖村かなみ)

■カジキマグロのさわやかソース添え
【材料】(2人分)カジキマグロ(切り身)2枚、塩小さじ1/2、黒胡椒少々、片栗粉適量、サラダ油適量、ソース(マヨネーズ大さじ4、酢大さじ1、玉ねぎのみじん切り大さじ2、赤唐辛子の輪切り1本分、ねぎのみじん切り大さじ2)、キャベツ適量 

【作り方】(1)カジキマグロはひと口大に切り、塩、黒胡椒で下味をつける。(2)(1)のカジキマグロに片栗粉をまぶし、170度の少なめのサラダ油で揚げ焼きにする。(3)ソースの材料をすべて混ぜ合わせる。(4)器に(2)を盛り付け、(3)のソースをかける。キャベツの千切りを添える。

【ワンポイントアドバイス】カジキマグロに片栗粉をつけ、余分な粉は手ではたいて落とす。

週刊朝日  2020年10月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい