素人にプロ野球の改革は可能か? 巨人軍元球団代表の清武氏の問いかけ

2020/09/29 17:00

 清武英利さんの最新作『サラリーマン球団社長』(文藝春秋、1600円)は、プロ野球界が舞台のノンフィクションだ。サラリーマンから、球団社長、取締役になった人物を描く。清武さん自身も新聞記者という業界の素人から、球団代表になった経験がある。この本に込められた思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 「一生、取り立てる」 不良債権の取り立てに奮闘するトッカイ(特別回収部)の攻防

    「一生、取り立てる」 不良債権の取り立てに奮闘するトッカイ(特別回収部)の攻防

    BOOKSTAND

    8/2

    気骨のジャーナリストが書き上げたバブル崩壊後の闇 「その他大勢」に光を当てる

    気骨のジャーナリストが書き上げたバブル崩壊後の闇 「その他大勢」に光を当てる

    AERA

    6/14

  • 「見えない犯罪」を追う警視庁捜査二課の名もなき刑事たちが投じた石礫

    「見えない犯罪」を追う警視庁捜査二課の名もなき刑事たちが投じた石礫

    AERA

    8/20

    元巨人・清武英利氏  原監督1億円問題を「暴露してない」と語る

    元巨人・清武英利氏 原監督1億円問題を「暴露してない」と語る

    6/25

  • 戦力外通告の巨人・清原 「ここから飛び降りる」と悔しさを吐露していた

    戦力外通告の巨人・清原 「ここから飛び降りる」と悔しさを吐露していた

    週刊朝日

    7/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す