「まあ、いいか」で心を柔らかく “自我”を少し捨てるコツ

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2020/09/28 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「心を柔らかくしよう」。

あわせて読みたい

  • “柔らかい”ほど長生き? ネガティブ感情を打ち消すには
    筆者の顔写真

    帯津良一

    “柔らかい”ほど長生き? ネガティブ感情を打ち消すには

    週刊朝日

    8/12

    本当に良い姿勢は“背筋がピシッ”ではない? 効果的な二つの動き
    筆者の顔写真

    帯津良一

    本当に良い姿勢は“背筋がピシッ”ではない? 効果的な二つの動き

    週刊朝日

    11/18

  • 手術の腕よりも大事? 帯津医師が考える「私にとっての名誉」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    手術の腕よりも大事? 帯津医師が考える「私にとっての名誉」

    週刊朝日

    6/6

    よりよく老いるには「ありがとう」が必要 帯津医師が説く“感謝”
    筆者の顔写真

    帯津良一

    よりよく老いるには「ありがとう」が必要 帯津医師が説く“感謝”

    週刊朝日

    12/5

  • 「まあ、いいや」の先に面白い未来 帯津良一医師の人生訓
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「まあ、いいや」の先に面白い未来 帯津良一医師の人生訓

    週刊朝日

    8/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す