岩井俊二「ユーチューバーに元気もらった」コロナ禍で映像のプロが気づいたこと (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岩井俊二「ユーチューバーに元気もらった」コロナ禍で映像のプロが気づいたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
映画監督・岩井俊二 (c)Munehiro Saito

映画監督・岩井俊二 (c)Munehiro Saito

映画「チィファの手紙」は、新宿バルト9ほか全国公開中(c) 2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD ALL Rights reserved.

映画「チィファの手紙」は、新宿バルト9ほか全国公開中(c) 2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD ALL Rights reserved.

 コロナ禍の公開となった映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」を手掛けた岩井俊二監督。生活スタイルや心境にどんな変化があったのだろうか。

前編/岩井俊二「チィファの手紙」は震災をきっかけに…コロナ禍で人に与えるものは?】より続く

【映画「チィファの手紙」の写真はこちら】

「僕自身、新型コロナウイルスの拡大で一番困ったのは、せっかくいろんな国で映画が撮れる環境が手に入っていたのに、進めていたプロジェクトが止まってしまったことです。映画のプロジェクトって常に三つ四つ並行して進んでいて、すべて完走できるわけじゃないのですが、すべてが一旦止まったことは残念でした。でも、『怪獣』のように、新しいことにチャレンジする気持ちが生まれて、今は結構元気でいます」

 最近の生活スタイルに話が及ぶと、「ここ数年は、読書量が増えています」とのこと。iPhoneの読み上げ機能を活用し、散歩の時間に耳から読書を楽しんでいるという。

「文字を目で追うのって、“ながら”ではできないけれど、音声ならできるんですよ。何かに気を取られていても、音声は耳からずっと入ってくる。2時間の散歩の時間に短い小説なら一冊読めてしまいますからね」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい