コロナ「抗体」長続きしない? 3カ月後の持続患者は16.7% (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ「抗体」長続きしない? 3カ月後の持続患者は16.7%

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルス=米国立アレルギー・感染症研究所提供

新型コロナウイルス=米国立アレルギー・感染症研究所提供

 イタリアの医師らからも、新型コロナの後遺症に関して報告された。体調が回復して退院した143人のうち87%が、疲れや呼吸困難といった症状を抱えている、というのだ。

 回復してもだるさや胸の痛み、味覚・嗅覚障害などの後遺症が懸念され始めているが、前出の専門医は「国内で3万人近い新型コロナの感染者がいて、後遺症についてはあまり聞こえてきません」。

 日本呼吸器学会は7月、呼吸器を中心とした後遺障害に関する調査を始めると発表した。新型コロナの呼吸器の後遺障害については、イタリアやフランス、中国からも対象患者の約半数で異常があると報告されている。「頭痛や発熱、嗅覚障害、睡眠障害など、さまざまな症状が残っている患者さんもいるようだ」(日本呼吸器学会)という。実態はまだまだ謎に包まれている。(本誌・浅井秀樹)

週刊朝日  2020年8月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい