【昭和な名店】麺をくずすと中から…? 五目冷やしそばの“遊び心” 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【昭和な名店】麺をくずすと中から…? 五目冷やしそばの“遊び心”

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖村かなみ週刊朝日#グルメ#昭和な名店
揚子江菜館/五目冷やしそば「五色涼拌麺」1540円(税込み)は年間通して提供。このほか、くらげの三杯酢や酢豚など、甘酢料理を得意とする (撮影/写真部・加藤夏子)

揚子江菜館/五目冷やしそば「五色涼拌麺」1540円(税込み)は年間通して提供。このほか、くらげの三杯酢や酢豚など、甘酢料理を得意とする (撮影/写真部・加藤夏子)

昭和のはじめに使われていたナショナル社製のレジスター (撮影/写真部・加藤夏子)

昭和のはじめに使われていたナショナル社製のレジスター (撮影/写真部・加藤夏子)

現在地に移転前の店舗の写真。京劇の隈取りが同店のシンボルマーク (撮影/写真部・加藤夏子)

現在地に移転前の店舗の写真。京劇の隈取りが同店のシンボルマーク (撮影/写真部・加藤夏子)

 今もまだ残る古き良き店を訪ねる連載「昭和な名店」。今回は神田神保町の老舗中華料理店「揚子江菜館」。

【写真】お店には昭和のはじめに使われていたレジなども

*  *  *
 1906年創業の「揚子江菜館」。神田神保町でもっとも歴史ある上海料理の店だ。池波正太郎は、仕事場の山の上ホテルからたびたび訪れ贔屓(ひいき)にした。

「初代が店を開いた明治後期の神田は、日本で学問を学ぶ中国人留学生たちで賑わい、中国料理店が100軒以上はありました」と話す4代目の沈松偉(ちんしょうい)さん。故郷の味を懐かしむ留学生の空腹を満たすいっぽうで、創業当時から日本人の口に合う中国料理をめざしてきたという。

 33年から提供し、夏に人気の五目冷やしそば「五色涼拌麺」もそのひとつ。2代目が冷蔵庫や空調のない時代に「暑い時期に中華料理をさっぱりと食べてもらいたい」と日本そばにヒントを得て考案した。店舗の上階から眺めた富士山の四季を10種類の具を使って表現。春はチャーシューで大地を、夏はキュウリで緑を、秋は煮たタケノコで落ち葉を、冬は糸寒天で雪を描き、錦糸卵の雲をかぶせて完成させた。

 麺には細切りの具材やたれがよく絡むようストレートの細い卵麺が使われる。甘酢たれは甘みにくどさがなく、のどごしがさわやか。麺をくずすと中からうずらの卵と肉団子が顔を出す。そんな遊び心も変わらず愛されている。(取材/文・沖村かなみ)

「揚子江菜館」東京都千代田区神田神保町1‐11‐3/営業時間:11:30~21:30L.O./定休日:休年末年始のみ

週刊朝日  2020年7月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい