小さすぎる布マスク、専門家会議の議事録がない…「国のやることは粋とはほど遠い」と作家下重暁子

ときめきは前ぶれもなく

新型コロナウイルス

2020/06/12 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、6月1日の花火を見ながら考えた日本の粋について。

あわせて読みたい

  • 死の直前、大林監督が結実させた反戦と平和 作家・下重暁子が作品に感じた「祈り」
    筆者の顔写真

    下重暁子

    死の直前、大林監督が結実させた反戦と平和 作家・下重暁子が作品に感じた「祈り」

    週刊朝日

    4/24

    日本の打ち上げ花火は世界一!?  世界に誇る日本の花火師の技術

    日本の打ち上げ花火は世界一!?  世界に誇る日本の花火師の技術

    tenki.jp

    8/21

  • 白菊―shiragiku―伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花

    白菊―shiragiku―伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花

    週刊朝日

    8/21

    DOBERMAN INFINITY、【日本の花火『エール』プロジェクト】アンバサダーに就任&応援ソングも

    DOBERMAN INFINITY、【日本の花火『エール』プロジェクト】アンバサダーに就任&応援ソングも

    Billboard JAPAN

    7/2

  • 行ってみたい国内花火大会ランキング、人気トップは新潟「長岡」、2位は秋田「大曲」-HIS

    行ってみたい国内花火大会ランキング、人気トップは新潟「長岡」、2位は秋田「大曲」-HIS

    トラベルボイス

    7/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す