テレビを見ていて信用できないと思う人1位は「安倍首相」 会見が不信を生む理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テレビを見ていて信用できないと思う人1位は「安倍首相」 会見が不信を生む理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩下明日香週刊朝日
安倍晋三首相(左)、吉村洋文大阪府知事

安倍晋三首相(左)、吉村洋文大阪府知事

(週刊朝日2020年6月19日号より)

(週刊朝日2020年6月19日号より)

(週刊朝日2020年6月19日号より)

(週刊朝日2020年6月19日号より)

 ところで、コロナ禍時代のテレビのもう一つの特徴は、政治家が会見で直接国民に語り掛ける場面が増えたことだ。そこで、会見する政治家で信用できる人を問うと、トップは吉村洋文大阪府知事(34票)だった。<カンペなど見ず自分の言葉でちゃんと語っている><政策への賛否はともかく、本気度が態度から伝わってくる>といった理由があがった。同列2位(9票)は、小池百合子東京都知事と鈴木直道北海道知事だ。前出の佐藤氏はこう語る。

「3人の話し方にみられる共通点は、『一文一義』であり、一つの文章を短くして、意味も一つにするようにしているところ。顔の表情がくっきりし、発声もクリアなので、伝わりやすいのだと思います」

 テレビを見ていて信用できないと思う人物を問うと、約6割(64票)が安倍晋三首相の名をあげた。<タラタラした説明で何も響いてこない><常に官僚や付き人たちの作文を棒読みするばかりで、訴えかけてくるものが皆無>などの回答が並んだ。

「安倍首相は、『○○によれば~』『○○さんが~と申し上げたことを承知しています』といった表現をしばしば使います。各方面に忖度しているのか、単刀直入に言い切れていません。見ている人からすると、ごまかしているように聞こえてしまうのです」(佐藤氏)

 ごまかしの利かない時代がやってきたようだ。(本誌・岩下明日香)

週刊朝日  2020年6月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい