剛力彩芽&前澤友作「復縁報道」 右往左往に関係者も困惑 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

剛力彩芽&前澤友作「復縁報道」 右往左往に関係者も困惑

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
剛力彩芽(左)と前澤友作氏。2人でリスタート・トゥデイ!? (c)朝日新聞社

剛力彩芽(左)と前澤友作氏。2人でリスタート・トゥデイ!? (c)朝日新聞社

 一方、前澤氏は昨年9月、自身が創業したZOZOの社長を電撃退任。保有する株式を売却し、約2300億円を手にしたが、その後、あまり良い話題がない。

 今年の正月には当選者千人に100万円をプレゼントする「お年玉企画」で話題になったが、一部が「分割払い」であることが事後にアナウンスされ、物議を醸した。1月には「AbemaTV」で自身のパートナーを探す「お見合い企画」をブチ上げたが、発表後に本人の申し出でドタキャン。本業のスタートトゥデイは100万人以上の利用者への新規サービスやアプリの開発などを行うというが、ZOZOのように成功するかは未知数だ。

「新会社はまだ事業提案の募集や求人を行っている段階。コロナによる自粛要請でイベントも開きにくい。SNSの宣伝では限界もある。剛力との復縁はマスコミが取り上げやすく、会社の宣伝にもなるという計算も働いたのかもしれません」(前出の芸能評論家)

(本誌・上田耕司)

週刊朝日  2020年5月8‐15日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい