「認知症」に効果がある漢方薬とは? 幻覚、妄想への有効性、研究進む (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「認知症」に効果がある漢方薬とは? 幻覚、妄想への有効性、研究進む

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊波達也週刊朝日#ヘルス
筑波大学大学院 人間総合科学研究科教授 スポーツ健康システム・マネジメント専攻 水上勝義医師

筑波大学大学院 人間総合科学研究科教授 スポーツ健康システム・マネジメント専攻 水上勝義医師

認知症に対する主な漢方薬の効能 (週刊朝日2020年4月17日号より)

認知症に対する主な漢方薬の効能 (週刊朝日2020年4月17日号より)

 また八味地黄丸(はちみじおうがん)は、下肢の冷え、下肢痛、腰痛、しびれ、排尿障害などに処方する漢方薬で、遠志は含まれていないものの、アセチルコリンを増やす効果があるといわれている。不眠やイライラに効果が見られる抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)もアセチルコリンを増やすという報告がある。

 現在、認知症の前症状である軽度認知障害(MCI)に対しても、漢方の役割が期待されている。MCIには有効性が認められる西洋薬がなく、臨床現場では薬物療法以外の対処法をアドバイスしている。

「MCI患者の身体症状や精神症状の治療で漢方薬を用いる際に、アセチルコリンの増加作用が見られる漢方薬を選択することで、MCIの認知機能が改善する可能性はあります。今後のエビデンスの蓄積が必要と考えます」

 人参養栄湯など食欲低下や虚弱状態を改善する漢方は、認知症の進行に伴い、心身ともに弱っている人の下支えをする補完治療だ。高齢の認知症患者が増加する今後、重要な役割を担うことになる。(ライター・伊波達也)

※週刊朝日ムック「未病から治す 本格漢方2020」
病気になる前の「未病」から、漢方や薬膳で体質を整えたい。そんな人のために漢方・薬膳の取り入れ方を紹介する。漢方治療医リスト全国約2400を掲載。A4判変型、200ページ 1000円(税込み)

週刊朝日  2020年4月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい